スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に

2007–08–05 (Sun) 06:39
はい、帰宅しました(`Д´;)
暑い眠いバーロー!!(何
やーっと今週のシフト終了(ι゚ω゚)
長かったけど充実してたなぁ、来週も頑張ろう(`・ω・´)
サテ、タイトル通りのうみねこなのですが、PVを本日確認しました。

バイトの休憩時間中に探してたら見つけたんだけどね。


2種類出てるみたい?こっちのほうが個人的に好きなのでペタリ(ぉ

クオリティ高www
これは期待しまくり!早く届かないかな・・・

以下竜騎士様のお言葉(本編の話と本音(ぇ)を引用。

貴方は、右代宮家が年に一度開く親族会議を垣間見ることができます
莫大な資産を溜め込んだ老当主はもはや余命も僅か。
息子兄弟たちにとって、親族会議最大の争点はその遺産の分配についてでした。
誰もが大金を欲しており、誰もが譲らない。誰も信じない
老当主の莫大な遺産を得るのは誰か。
老当主が隠し持つという黄金10tの在り処はどこか。
その在り処を示すという不気味な碑文の謎は解けるのか
そんな最中、魔女を名乗る人物から届く怪しげな手紙。
18人しかいないはずの島に漂い始める19人目の気配。
繰り返される残酷な殺人と、現場に残される不可解な謎。
何人死ぬのか。何人生き残るのか。それとも全員死ぬのか。
犯人は18人の中にいるのか、いないのか。
そして犯人は「人」なのか、「魔女」なのか。
どうか、古き良き時代の孤島洋館ミステリーサスペンスのガジェットを
存分にお楽しみください。

『うみねこのなく頃に』の推理は、可能か不可能か。

本作品は、ジャンル的には連続殺人ミステリーになるかもしれません。

しかし、だからといって推理が可能であることを保証するものではありません。

“解けるようにできている”甘口パズルをお好みの方はどうぞお引取りを。

『うみねこのなく頃に』は、皆さんに“解かせる気が毛頭ない”最悪な物語です。

しかし、だからこそ挑みたくなる最悪な皆さんは、初めましてようこそ。

私も、そんな最悪な皆さんを“屈服させたくて”この物語をお届けします。

皆さんは、どんな不思議な出来事が起こっても、全て“人間とトリック”で説明し、
一切の神秘を否定する、最悪な人間至上主義者共です。

どうぞ、六軒島で起こる不可解な事件の数々を、存分に“人間とトリック”で説明してください。

皆さんが、どこまで人間至上主義を貫けるのか、それを試したいのです。

犯人は魔女。アリバイもトリックも全ては魔法。

こんなのミステリーじゃなくてファンタジー!

あなたが悔し涙をぼろぼろ零しながら、そう言って降参するところが見たいのです。

私が期待するのは、正解に至る推理が現れることじゃない。

一体何人が最後まで、魔女の存在を否定して、“犯人人間説”を維持できるのか。

つまりこれは、魔女と人間の戦いの物語なのです。

連続殺人幻想『うみねこのなく頃に』

選択肢でなく、あなた自身が真相を探るサウンドノベル。

推理は可能か、不可能か。

魔女に屈するか、立ち向かうか。

楽しみ方はあなた次第。


痺れますなぁ(´¬`*)
絶対真相を暴いてやるんだぜっ!!

と、そろそろ意識がぶっ飛びそうなので寝ます(´・ω・`)
今日はGv!!頑張らねばヽ|・∀・|ノ
スポンサーサイト

« 続:あぢぃ | HOME |  本日はGvっ »

コメント

お、俺の好きな3拍子の歌だな。

それはさておき、うみねこ楽しみだの。

犯人はマスタ、凶器はグーパンチ、場所はアルベルタ室内。

これでどう?

3.2.1.はい!コメ返し!

猫魔王様
犯人は私、凶器はカタール、場所は某コンビニ。(何
はいはずれ~、はずれな猫さんは×ゲームだねぇ、何がいいかなぁアハハ(ry

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kyoukinohitomi.blog51.fc2.com/tb.php/115-23674838

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

*潤華*

Author:*潤華*
Lunaticへようこそー♪
何も無いですがマッタリしちゃってください(´・ω・)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アニメPV&名曲集

presented by 原作アニメ.com

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。